IbarakiI - Japan

© kousyou-hitachi

works

お問い合わせ

2019 水戸 数寄屋造り

2019 水戸 数寄屋造り

弊社には現在、京都にて修行をした二人の大工職人が在籍しております。

そんな弊社が得意としておりますのが数寄屋造りです。磨き丸太の柱や丸桁、面皮柱、海布垂木(垂木丸太)などを使った仕事や栗のナグリの梁や控え柱、もしくは竹や椿、コブシ、杉皮、へぎ板といった特殊な材料を使った仕事を上手にこなせる職人は現在では少なくなってしまいましたが、弊社の職人はこれらの材料を使った建築を綺麗に納めることができます。

弊社はお茶室や本格数寄屋住宅だけでなく、洋風の建物や和モダンといわれる建物、マンションやホテルなどの施設の内装工事においても、私たちの技術を必要として頂ける仕事のご依頼を受けさせて頂いております。和室一間のみ、床の間のみ、外部の土庇のみ、特殊な材料の加工のみ、網代天井などの特殊な天井の施工のみ、といったような施工範囲の狭い仕事でも丁寧に仕事させて頂きます。

一覧へもどる